新型ヴォクシー モデリスタの最低地上高は?全部見せます 90系

先日、新型ヴォクシーにモデリスタエアロとGRパーツのグリルを装着しましたので、レビューも含めて紹介します。

90系になったヴォクシーをカッコ良くするためにモデリスタは必須。特にホワイトパールはグリルの選定も重要ですので、ぜひ最後までご覧ください。

トヨタの新車12台目のトヨらぶです。ツイッター→(@i_toyolove
年平均30万円で毎年お得に新車に乗り換えています。車は売り買いするタイミングが全て!

トヨらぶ
車選びで損していませんか?

お得に乗り換える方法やトヨタの細かい所を発信しています。
YouTubeはこちら→トヨらぶ公式チャンネル

今日は、新型ヴォクシー90系のモデリスタエアロについてお伝えしますね。

ホワイトパールの違和感

2021年12月、私はカタログも見ないで新型ヴォクシーのS-Zのホワイトパールを発注しました。

その時は、この問題に全然気付かなかったのですが、リーク画像が出てきた1月くらいから

「なんか違うな…」

と思うようになり、パーツを付けようか悩むように…

それはホワイトパール(白)にした場合、フロントのトヨタエンブレムが浮いているように見えたからです。

YouTubeでもお伝えしたのですが、私と同様に違和感を覚えた人が非常に多くグリルを変えるきっかけにもなりました。

ホワイトパールだと見た目の弱さも感じたので一緒にモデリスタエアロも付けることに。

モデリスタエアロのレビュー

ちなみにモデリスタは車種は違いますが、なんだかんだいって4台乗り継いでます。やはり、付けるだけで迫力が出てかっこ良く見えるからです。

それにリセールも良いので、もしエアロで悩んでいるのならオススメですね。

新型ヴォクシーのモデリスタエアロにはLEDなども内蔵されていなく、通常通りのものになっています。最近はフロントスポイラーに白色LEDが内蔵されていてやたらと高くなっているんですよね。

フロント

フロントスポイラーはこちら。価格は70,400円。

こうやってみると低く見えますが、ある程度の最低地上高はあります。後ほど寸法をお伝えしますね。

メッキは強めにデザインされていますが、ホワイトパールが馴染んで良い感じになっています。

左右のアクセサリーランプ、3眼LEDヘッドランプとの相性も良くカッコイイですね。景色とも映えますよ!

フロントスポイラーを拡大するとこんな感じ。

どうでしょう?

カッコ良いとしか言いようがありませんね。

ちなみにビフォーはこちら。フロントスポイラーは付けなくてもメッキになってますし、それだけでも良いっていう人も多いと思います。

サイド

サイドスカートはこちら。価格は90,200円。

装着するとサイドにも厚みが出て、存在感が増します。ただフロントスポイラーのような押し出し感がないので、ひょっとしたら、、

「付いてるか分からない」

と思う方もいるかもしれません。少し引いて見るとこんな感じです。

あまり差が分からないかもしれないので、ビフォーの画像を見てください。

向きが逆でしたね、、でも、そこまで違いがあるかって言われるとそこまでじゃないですか??

メッキって考えると9万円の出費はデカいので参考にしていただければと思います。ただ、バランスでいうとサイドも付けた方が良いです。

拡大するとこうなっています。メッキの汚れは気にしないでください。

リア

リアスカートはこちら。価格は59,400円。

リアのバンパー形状はノーマルのバンパーをエグったようなデザインになっています。

これも、サイドと同じようにメッキパーツを追加しただけにも感じるので、ただただスタイリッシュに変わったという印象ですね。

ちなみにノーマルのリアスポイラーはこちら。

ん、無難というか、いたって普通ですね、、

少し薄暗くなると印象がガラリと変わります。

このテールランプは新しいデザインなので新車っぽいですよね。そこにメッキを合わせると、さらにスタイリッシュに見えます。

メッキ部分を拡大してみると…

ノーマルと比べると形状も変わりますし、引き締まって見えますよね。

最低地上高の寸法は?

■フロント(真ん中)

■フロント(サイド)

■リア(真ん中)

■リア(サイド)

■前席(ドア下)

寸法は上記の通りですが、初めにもお伝えしたように実際にみるとフロントは低く感じます。近所のコンビニで輪止めが高い所がありましたので、そこで検証してみました。

これだと雪国にお住まいの方は悩むと思います。

実際に道路からお店に入る時、傾斜のある入り口だったりすると斜めにゆっくり注意を払いながら運転しないとエアロの下を擦る可能性が高いです。

私もモデリスタエアロを付けた車種で何度か擦ってますが、下端だけ擦れているだけなので正面から見ると全然気にならないんですよね。

冬は雪による割れを気にする必要がありますが、迷ったら付けるのもありだと思います。

グリルはGRパーツのグリルを装着

モデリスタにはグリルもあるのですが、30代半ば過ぎの私にとってはゴリゴリ仕様なので最初から考えていませんでした。

ブルーのイルミネーション付きです。

もしかしたら、普通のメッキグリルのみだったら気が変わって付けてたかもしれません。

他に何かないかって探してたら、GRパーツからグリルが発売されていました。パッと見、合いそうだったので即決定。

それで、このままモデリスタと一緒にディーラーで装着したので、ノーマル状態の新型ヴォクシーはあまり覚えてないんですよね。

そのほかの細かい部分は動画をご覧ください。

まとめ

モデリスタエアロは単品で装着することもできますが、どうせだったらフルエアロがオススメです。なぜなら、1番バランスが良いからです。しかも、お買い得。

ただ、最低地上高のところでもお伝えしましたが、雪国の方は注意が必要です。それくらい、車高が低くなっています。

モデリスタは年々車高を下げてっていると思うくらい毎年低くなっているような気がするんですよね。

でも、装着すればカッコ良いのは間違いありませんから沢山悩んでくださいね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事