オットキャストの最新モデルがついに2022年11月に発売されました。処理速度が大幅に上がってレスポンスが良くなったことが一番大きな変化です。旧型と両方使ってみて感じたことを正直にお伝えしますね。

トヨタの新車12台目のトヨらぶです。ツイッター→(@i_toyolove
年平均30万円で毎年お得に新車に乗り換えています。車は売り買いするタイミングが全て!

トヨらぶ
車選びで損していませんか?

お得に乗り換える方法やトヨタの細かい所を発信しています。
YouTubeはこちら→トヨらぶ公式チャンネル

オットキャストはAndroid AIBOXの中でも大人気モデルですので、新型オットキャストはどのように変わったのかを見ていただければと思います。

旧型との違いは何?

旧型のオットキャストは以前の記事でもお伝えしたように、CarPlay対応の車両にとっては画期的なアイテムだと思います。後付けしないといけないTVキャンセラー無しでも走行中に映像が見れるんですから。

それをパワーアップさせたのが、新型オットキャスト、PICASOU2です。

大きな違いはこの通りです。

・起動スピード
・タッチレスポンス
・HDMI出力
・通信SIM
その中でも、タッチレスポンスが凄いことになっています。
何が凄いのかというとまず、アプリの起動スピードが数倍早くなりました。
それと、動画アプリであれば動画を押してから再生されるまでの時間が大幅に短縮されたことでストレスが無くなったんですよね。
これは、使い比べてみないと分からないと思いますが誰でも分かるレベルですので、それくらい違うってことです。
今までは、オットキャストから映像を出力できませんでしたが、今回のモデルチェンジで出力も可能になりました。
これも大きい進化です!

このようなHDMI入力端子のある車両なら前席、後席に限らず映像を映すことができるようになるんです。

最近では、車種によってディーラーOPや標準でHDMIが設定されていることから走行中でも色んなアプリで楽しめると思います。

最新オットキャストの使用方法

車両との繋ぎ方は旧型と変わらず、ただ
USBに繋ぐだけ!

なんですが、最新モデルは使用する電力量が増えている為、殆どの車種で2股ケーブルを使わないといけないかもしれません。

繋ぎ方はこちら、、

最新のオットキャストには親切にもUSBを分配するケーブルも同梱されているので、後は

どこから電源を取るか?

だけです。

私はシガーソケットより元から付いているUSB端子から取った方が安定するような気がしたので、この2つから電源を取っています。

車種によって位置もバラバラですし、USBの数も限られているので臨機応変に対応していただければと思います。

イルミネーションが追加

最近、日本車でもアンビエントランプが流行ってきていますが、このオットキャストでもアンビエントが採用されました。

こちらのアプリを起動すると画面タッチで色を変えられるんです!

もちろん1色に光る仕様にすることは可能ですが、何秒かで色を変化させる設定もあるので車内の雰囲気作りに良いと思います。

一度、色を変えればエンジンを切ったとしても設定はそのままになっているので、起動した時に予め設定しましょう。

YouTubeがストレスなく再生

YouTubeアプリを起動してみると分かるのですが、

爆速そのもの。

本当にびっくりする速さになっています。
早さはなんと、、

たった3秒ほど!

これは旧型を使った後に使うと、あり得ない速度なんですよね。

しかも、起動してから動画を見るまでの時間もスマホと変わらないレベルになっていました。

オットキャストの最新版を購入するメリットはここにあると思います。

音声入力もしっかり機能します。

というのも、旧型のオットキャストは音声入力のボタンを押すと端末が9割の確率で落ちてしまってたんです。普通じゃありえないですよね?

中国製ですから、そういう所もあるんです。

ただ、今回の最新モデルではそこも解消されていて、私は今の所ストレスフリーで使えています。

2画面表示も楽々簡単

今回のオットキャストは2画面表示も1タップで可能になりました。具体的には画面右のボタン長押しするだけでOKです。

旧型は2画面表示にするまでに3タップ必要だったので、頻繁にこの機能を使う方にとっては嬉しい進化だと思います。

2画面表示は5:5のみになっていて、7:3などは基本的にできません。

使い方としては片方で動画を見て、もう片方でナビを表示することが多いと思います。

しっかりGPSも機能しますので走行しながらでも位置を確認できますし、動画も見れる状態になります。

その他の細かい所はYouTubeで解説していますので下記の動画をご覧ください。

最新版の価格は?

旧型のオットキャストと比べて、今お伝えしたことが大幅に進化していますのでお値段は決して安くはありません。ぱっと見、高いと思います。

でも、オットキャストを使うだけで走行中の快適さが向上するのは間違いありません。

正直、私も最初は高過ぎるって思ってましたが、いざ使ってみると妥当な値段な感じがしてきました。

もし、少しでも興味があるのなら下記のリンクから値段を確認してみてください。

>>オットキャスト最新版

たまにお得なセールもやっていますので、定期的に見ていただければ思います。他の車載アイテムの記事もまとめていますので見ていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事