巷で話題のMILEL。このアイテムが凄いのは、何と言ってもTVキャンセラー無しでYouTubeやネットフリックスが見れる所。しかも、ある方法を使えば後席からも操作できるという神ワザもできるんです。今回は私が実際に使った感想をレビューしていきますね。

今日は、MILELの使い方についてレビューしていきますね。

トヨタの新車12台目のトヨらぶです。ツイッター→(@i_toyolove
年平均30万円で毎年お得に新車に乗り換えています。車は売り買いするタイミングが全て!

トヨらぶ
車選びで損していませんか?

お得に乗り換える方法やトヨタの細かい所を発信しています。
YouTubeはこちら→トヨらぶ公式チャンネル

MILELの仕様スペック

MILEL スペック

まず、MILELのスペックになります。

■CPU:RK3328
■GPU:Mail 450
■メモリ:4GB
■ストレージ:64GB
■システム:Android11.0
■動作環境:-40°〜70°
基本的に類似商品と似たような仕様になっています。これに関してはどのガジェットと同じで1年経つと違いが大きくなる可能性が高いです。
車内で動画アプリを再生するだけであれば今のスペックで全然問題ありません。
購入した時が最新モデルになっていると思うのでご理解の上、使っていただければと思います。
対応表はこちら↓
トヨタ車の対応表
2018 - 2022 Aygo
2019 - 2022 Avalon
2019 - 2022 Corolla Hatchback
2019 - 2022 Camry
2019 - 2022 C-HR
2019 - 2022 RAV4
2019 - 2022 Sienna
2020 - 2021 86
2020 - 2022 4Runner
2020 - 2022 Corolla
2020 - 2022 Highlander
2020 - 2022 Prius
2020 - 2022 Prius Prime
2020 - 2022 Sequoia
2020 - 2022 GR Supra
2020 - 2022 Tacoma
2020 - 2022 Tundra
2020 - 2022 Yaris
2021 - 2022 Avanza
2021 - 2022 Mirai
2021 - 2022 Venza
2022 Corolla Cross
2022 GR86
2022 Foxy
2023 bZ4X

トヨタ車でもディスプレイオーディオ内蔵モデルから対応可能となっています。

年式でいうと2020年式の新車から一部改良やマイナーチェンジが入ってディスプレイオーディオになっているので大体そのくらいの新車からになりますね。

MILELの使い方

手順は以下の通りです。

①MILELと車体をUSBで繋ぐ
②立ち上がったら回線を選ぶ(テザリングor別Wi-Fi)
③各種アプリが使える状態になる
④各種アプリにログインする
ネット回線が繋がってアプリが使えるようになれば、YouTubeやアマゾンプライム、ネットフリックスなどの動画が見れるようになります。
簡単ですよね??
その後に例えばYouTubeだったら自分のアカウントでログインすれば、前に見た動画が記憶されていますので便利です。
もし、頻繁に使うアプリがあれば個人でログインしてた方が使いやすいと思います。

アルファード編

アルファードは2020年式から対応しており、JBL付きのメーカーナビでも使用可能です。

ただ、純正の後席モニター(メーカーOP、ディーラーOP)共に規格が違うようで映らないようになっているようです。

どうやら、トヨタのサプライヤーの問題で昔の”赤、白、黄色”の規格を残したことによってMILELのHDMIは認識されない結果に…

新型ノアヴォクシー編

新型ノアヴォクシーから次世代ディスプレイオーディオになり、モニターも大きくなりました。

それでHDMI端子も装着できるようになってマルチメディアの幅も広がったのですが、アルファードと同様に後席モニターは昔の規格に。

これはトヨタが雇用を守っているかは分かりませんが、時代に合ってないですよね、、画質も悪くなると思いますし。

アルファードも新型ノアヴォクシーも前では動画がTVキャンセラーなしで見れるのですが、後ろでは見れない状態でした。

メリットとデメリット

私が3ヶ月程度使ってみて、良い所もあれば気になる所もあったので感じたことをお伝えしますね。

メリットはこちら

まず、TVキャンセラー無しでも、走行中にYouTubeなどの動画を見れるのは良いですよね。あと、これが1番のポイント。

推奨の後付けモニターなら後席からでも操作が可能になるんですよ!これが出来るのは今の所、MILELだけです。

例えば、子供さんが小さくてチャイルドシートに乗せている場合、好きなアニメを見せると大人しくしてるって事がありますよね。

そういう時に、前からしか操作ができないって面倒じゃないですか?

純正だとTVとDVDはリモコンで操作できると思いますが、それ以外は基本的にできないんですよ。MILELの推奨モニターは、それができるのでレアですよね。

その他、サポートが充実していて日本の代理店がLINEで対応してくれるのでアフターケアも問題ありません。

デメリットはこちら

操作する時に反応が遅いって思うことがあるんですよね、、

動画の再生がスタートしてからは回線によるので問題ないのですが、モニターにタッチした時の反応の鈍さは少し気になりました。

後は、推奨モニターにするとコードが3本出てしまいゴチャゴチャになってしまうので、個人的には1本だけでどうにかならないのかなぁって思ってます。

これで改善しました。

これでレスポンスが良くなったので共有しますね。

まず、デフォルトの画面に戻って設定の「歯車マーク」を押します。

そうすると一般設定という項目があるので、そこを押してください。

そうするとタッチセンサーの感度という項目があるので低いから高いに変えるだけです。それだけでだいぶ反応が変わりました。購入された方は、この設定にしてみてください。

まとめ

スマホのような事ができるMILELですが、ちょっとした贅沢品ですよね。

ただ、TVキャンセラーなしで動画が見れますし、ナビの位置情報もズレずに画面表示ができますのでおすすめです。

そういうこともあり代理店さんに交渉した所、特別に50個限定で4000円引きチケットを発行していただきました。LINEでの完全サポートも付いているので安心です。

商品をカートに入れるとクーポンを入力できる欄がありますので、下記のサイトからクーポンコードを入力すればお安く買えます。

https://www.qodo.co.jp/shop

MILELクーポンコード(4000円引き)
→ toyolove03

私はまだMILELを使用してまだ3ヶ月ちょいですが、色々気になったことをまとめてみました。今後も何かあれば追記していくので気になる方は、また覗いてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事